まなびの『び』

投資運用、業界研究、時事、その他学んだことを

決算分析

フリー(4478)の決算発表

個人事業主・中小企業向けクラウド会計ソフトを運営するフリーが2022年6月期の決算を発表しました。 フリーの事業内容 フリーは2012年に設立した設立10年の企業で、個人事業主、従業員19名以下の企業(Small)、従業員1,000名以下の(Mid)をあわせスモールビジ…

決算発表でKeeper技研(6036)がストップ高

カーコーティングのKeeper技研が決算を発表し、翌営業日12日には株価がストップ高となりました。 Keeper技研の事業内容 Keeper技研はカーコーティングの施工、コーティング製品の販売を行っています。自動車を運転している方はガソリンスタンドなどで青地に…

三井松島ホールディングスとINPEXの決算発表

過去取り上げた2銘柄、三井松島ホールディングス(1518)と、INPEX(1605)がそれぞれ決算発表をしました。いずれも鉱業関連の銘柄で好調な決算内容となりました。 manabinobi.hatenablog.com manabinobi.hatenablog.com 三井松島ホールディングスの決算 三井松…

Sansan(4443)の決算発表

松重豊さんが発言する「それ、早くいってよ〜」というフレーズが特徴的なCMでおなじみのSansanが決算発表についてです。 Sansanの事業内容 Sansanは「名刺」をターゲットとした企業です。 クラウド型名刺管理サービス「Sansan」、SNSの仕組みを利用した名刺…

サカタのタネ(1377)の決算分析

ロシアによるウクライナ侵攻を受け、追い風となっている企業サカタのタネの決算を見ていきます。 サカタのタネの事業内容 野菜や花の種子の生産、販売がサカタのタネの主要な事業です。種苗会社や生産者に野菜や花の種子、球根、苗木を販売しています。その…

7月15日の日経平均〜ファーストリテイリング(9983)の上方修正〜

7月15日の日経平均株価は前日から145.08円プラスの26,788.47円でした。日経平均株価は東証プライム市場に上場している銘柄のうち、日本経済新聞社が選定した225銘柄の平均値となります。 (参考:当時はまだ東証1部でした) manabinobi.hatenablog.com 1銘柄…

Enjin(7370)の決算分析

2021年6月に上場した比較的若いEnjinの決算を見ていきます。 ◯Enjinの事業内容 主に中小・中堅企業、医療期間を対象としたPR支援サービスや顧客とメディア又は決裁者をつなぐプラットフォームサービスを提供するPR事業を展開しております。 とEnjinの事業内…

ブックオフグループホールディングス(9278)の決算分析

ブックオフグループホールディングスの2022年5月期の決算についてです。 ◯ブックオフグループホールディングスの事業内容 ブックオフといえば中古書籍のイメージですが、ゲームソフトやCD等、あるいはアパレル、家電商品、スポーツ用品、食器や雑貨といった…

タマホーム(1419)の決算発表

タマホームが2022年5月期の決算を発表しました。低価格帯の注文住宅を主要事業とする企業です。 ◯タマホームの事業内容 タマホームは売上高別でみるとその8割が住宅事業ということで、注文住宅やリフォーム公示を中心に業務展開をしています。また、その他分…

良品計画が苦戦。業績見通しの下方修正。

雑貨や衣料、食品など多くの分野で「無印良品」ブランドを展開する良品計画ですが、第3Qでの決算発表がありました。その前には業績見通しの下方修正の発表がありました。 今回の下方修正の発表は営業収益の修正はないものの、利益面を下方修正をしています。…

Macbee Planet(7095)の決算分析

Macbee Planetの決算分析です。Macbee PlanetはWebマーケティングの事業を行っている企業です。 ◯Macbee Planetの事業内容 Macbee Planetはデータ解析プラットフォーム「ハニカム」を提供しています。インターネットを通じて販促等を行う企業に対して、Web広…

田中化学研究所(4080)の決算発表

田中化学研究所について決算を見ていきます。この銘柄は以前リチウムイオン電池銘柄で取り上げています。 manabinobi.hatenablog.com ◯田中化学研究所の事業内容 田中化学研究所は主に、リチウムイオン電池向けやニッケル水素電池に使用される正極材料を生産…

積水化学工業(4204)の決算

本日取り上げる決算発表は積水化学工業です。 ◯積水化学工業の事業内容 そもそも積水化学工業は、住宅「セキスイハイム」等を取り扱う「住宅カンパニーセグメント」、配管や建材等を取り扱う「環境・ライフラインカンパニー」、エレクトロニクス、モビリティ…

沖縄セルラー電話(9436)の決算分析

沖縄における携帯電話サービスの企業。高配当銘柄としても人気が高い銘柄です。 ○沖縄セルラーの事業内容 沖縄セルラーは電気通信事業の単一セグメントとなっています。 2022年3月期第2四半期報告書によると、沖縄セルラーの発行済株式のうち52.40%をKDDI株…

さくらインターネット(3778)の決算発表

クラウドサービスの新興、さくらインターネットの決算分析です。 ○さくらインターネットの事業内容 さくらインターネットの運営するデータセンターに顧客所有の通信機器類を自由に設置できるスペース、必要な回線、電源を貸与するハウジングサービス。ソフト…

楽天モバイルの0円プランの廃止の発表

楽天グループが2022年12月期の第1四半期の決算を発表しました。ここ最近の決算発表についての記事では本決算のものしか取り上げていませんが、今回はタイトル通りのニュースがありましたので、そちらの話題も見ていきましょう。 ◯第1四半期決算の内容 2022年…

ジェイリース(7187)の決算発表

以前、取り上げたジェイリースの決算を見ていきましょう。 ◯ジェイリースの事業内容 詳細は過去記事で触れていますので簡単に。 ジェイリースは賃貸住宅等の保証事業です。賃貸物件の借り主が家賃滞納等発生した際に、ジェイリースが保証を行う事業を行って…

サイバートラスト(4498)の決算発表

電子認証サービスのサイバートラストの決算についてみていきます。 ○サイバートラストの事業内容 SBテクノロジー株式会社がサイバートラストの発行済株式の58.42%を保有している子会社です。 セグメント区分としてはトラストサービス事業の単一セグメントと…

ジーエス・ユアサ(6674)の決算発表

車載電池のジーエス・ユアサの決算を見ていきます。車載電池というと、電気自動車EV向けのリチウムイオン電池をイメージしやすいです。ジーエス・ユアサも現在開発をおこなっていますが、主業としては鉛蓄電池の製造・販売となります。 ◯ジーエスユアサ ジー…

メタウォーター(9551)の決算発表

浄水処理、下水処理など、「水」にかかるエンジニアリング事業メタウォーターの決算分析です。 ○メタウォーターの事業内容 メタウォーターの2つのセグメントで成り立っています。 【プラントエンジニアリング】 国内外の浄水場・下水処理場等向け設備の設計…

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)の決算分析

金融3メガのうちの一つ、三菱UFJフィナンシャル・グループの決算を見ていきましょう。 三菱UFJフィナンシャル・グループの中核となるのは三菱UFJ銀行。その他、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券・auカブコム証券といった国内外の証券会社を…

リクルート(6098)の決算発表

本日はリクルートの決算を見ていきます。時価総額が大きく、日経平均への寄与度が高くなる銘柄のうちの一つです。 ◯リクルートの事業内容 リクルートといえば人材派遣事業のイメージが強く、2022年3月期時点での売上高基準で約半数が人材派遣事業が占めてい…

J-POWER(9513)の決算分析

本日の決算分析銘柄はJ-POWER(電源開発株式会社)。旧特殊会社の発電事業者です。 ○J-POWERの業務内容 J-POWERの正式名称は「電源開発株式会社」です。戦後の電力需要を支えるため設立されましたが、2004年に民営化を経て現在に至っています。 水力発電、火…

三井松島ホールディングス(1518)の決算と特別配当

◯三井松島ホールディングスの事業内容 三井松島ホールディングスは石炭事業を中心とする企業です。 海外で権益を保有している炭鉱における石炭生産、及び輸入販売といった事業を行っています。また、生活関連セグメントとして、飲食用資材(ストロー)、衣料…

丸紅(8002)の決算発表

商社株から本日の決算分析は丸紅です。 ○丸紅の事業内容 丸紅は総合商社事業で、輸出入、国内取引、資源開発等、その事業範囲、取り扱い商品は多岐に渡ります。有価証券報告書から各セグメントの取引商品・サービスを見てみると、 ・ライフスタイル 国内及び…

任天堂(7974)の決算発表。株式分割も発表

本日の決算分析は任天堂です。 ○任天堂の業績推移 任天堂の2022年3月期は売上高が▲3.6%減収、営業利益▲7.5%減収、最終利益は▲0.6%減益でした。 任天堂といえば日本での代表的なゲームメーカーで、Nintendo Switchを中心したハードウェアと、マリオやポケモン…

日本郵船(9101)の決算分析

昨年度絶好調だった海運株、5月9日は日本郵船と川崎汽船が決算発表をしました。今回は日本郵船の決算を見ていきます。 ○日本郵船の業績推移 日本郵船の2022年3月期は売上高が前期比41.8%の増収、営業利益が275.9%、経常利益が365.9%、最終利益が624.8%、それ…

プレミアグループ(7199)の決算発表

本日はプレミアグループの決算について見ていきましょう。この銘柄は過去に所有していて、とても気に入っている企業です。 ○プレミアグループの事業内容 プレミアグループは、オートクレジットつまり自動車の分割払いやボーナス併用などで購入するなどの機能…

JFEホールディングス(5411)の決算発表

鉄鋼大手のJFEホールディングスの決算を見ていきましょう。 ○JFEホールディングスホールディングスの事業内容 JFEホールディングスは主にJFEスチールを中心とする鉄鋼事業、JFEエンジニアリングを中心とするエンジニアリング事業、JFE商事を中心とする商社事…

ヤマダホールディングス(9831)の決算発表

本日の決算分析はヤマダホールディングスを見ていきます。かなり大規模な自社株買いを発表しています。 〇ヤマダホールディングスの事業内容 ヤマダホールディングス、ヤマダデンキは最大手の家電量販店チェーンです。 余談ですが、ヤマダデンキは群馬県高崎…